結婚式にはペットシッターを呼ぶのがおすすめ!メリットデメリットについて解説

この記事では「結婚式でペットシッターを呼ぶメリットデメリット」について詳しく解説しています。また「おすすめのペットシッター」も紹介しています。

近年、話題となっているペットブームの影響で「結婚式にペットシッターを呼ぶ」というケースが増えてきていることをご存知でしょうか。今回は「ペットを飼っていて、結婚式が近い」という方向けに「結婚式でペットシッターを呼ぶメリットデメリット」について詳しく解説していきます。

結婚式でペットシッターを呼ぶメリットデメリット

メリット
結婚式でペットシッターを呼ぶメリットは
・ペットから目を離せること
・演出の手伝いをしてくれること
・式後のお世話を任せられること
以上の3点です。順に解説していきます。

ペットから目を離せること

結婚式でペットシッターを呼ぶメリット1つ目は「ペットから目を離せること」です。結婚式を行う場合「忙しくてペットに構っていられない」ということも多いです。そんな時の対処法として「ペットシッターを呼んでおくこと」がおすすめです。

なぜなら、指定の場所でシッティングを行ってもらえるほか、ペットのお世話もしてもらえるため「ペットから目を離す時間」を作りやすいからです。また、ゲストが来ている場合には、そちらに迷惑がかからないよう配慮する必要も出てきます。

このように、どうしてもペットから目を離す時間というのは出てきてしまうものです。そのため、結婚式の際のペットシッター利用はおすすめです。

演出の手伝いをしてくれること

結婚式でペットシッターを呼ぶメリット2つ目は「演出の手伝いをしてくれること」です。演出の具体例としては
・ゲストのお出迎え
・バージンロードを一緒に歩く
・リングドッグ
などがを挙げられます。

特に「リングドッグ」を行う際の準備などを手伝ってもらえることが多く「演出のためにシッターを呼ぶ」という方も中にはいます。また、シッター側が演出の提案をしてくれることもあり「ペットと一緒の結婚式作り」が可能です。

式後のお世話を任せられること

結婚式でペットシッターを呼ぶメリット3つ目は「式後のお世話を任せられること」です。結婚式の後は
・二次会参加
・あいさつ回り
などイベントが催されることも多々あります。そんな時にペットシッターを呼んでおけば「その間自宅に帰ってお世話をする」ということも可能です。

デメリット
結婚式でペットシッターを呼ぶデメリットは
・お金がかかること
・ペットシッターにも営業時間があること
以上の2点です。順に解説していきます。

お金がかかること

結婚式でペットシッターを呼ぶデメリット1つ目は「お金がかかること」です。ペットシッターを呼ぶには少なからずお金がかかります。結婚式はとてもお金がかかる催しであるため「これ以上出費は…」という方もいます。

その場合には
・ペットホテルに預ける
・一緒に参加する
以上の2パターンが考えられます。

ただ、ペットホテルの場合には
・ペットが感じる移動のストレスが大きい
・ほかのペットから病気がうつる
といったケースもありますので、利用のリスクを考え検討しましょう。

また、一緒に参加する場合には「ペットが騒ぎ、進行が滞る」ということもあるため、注意しましょう。以上のようなことを考慮に入れて考えると「ペットシッターを呼ぶ」というのが、ペットにとっても飼い主にとっても「最良の手」かと思います。

ペットシッターにも営業時間があること

結婚式でペットシッターを呼ぶデメリット2つ目は「ペットシッターにも営業時間があること」です。上記で挙げたメリットの「式後のお世話を任せられること」などに言えることですが、ペットシッターにも「営業時間」があるため、時間の確認などには注意が必要です。

例えば「昼間の結婚式が終わり、2次会が夜ある」といった場合「式後から通しで依頼する」というケースが多いです。しかし「2次会が営業終了時間と被った」という場合には「継続依頼」ができず困ってしまいます。

ペットシッターの中には
・「いつでも呼んでください」という業者
・「お泊りでシッティングを行う」という業者
などもありますが、そうではないシッター業者ももちろんいます。

また「次の予約が詰まっている」ということもありえますので、シッティングプランの時間にも余裕を持っておく必要があります。そのため、事前にプランや営業時間などを確認して業者の検討を行っておかないと、大幅に予定が狂うこともあるので注意しましょう。

ペット同伴の結婚式における注意点

ペット同伴の結婚式における注意点は
・ペット同伴で式を挙げられる式場が少ないこと
・アレルギーなどが起こらないよう参加者に事前報告が必要なこと
以上の2点です。順に解説していきます。

ペット同伴で式を挙げられる式場が少ないこと

ペット同伴の結婚式における注意点1つ目は「ペット同伴で式を挙げられる式場が少ないこと」です。これは大前提の話ですが、そもそも「ペット同伴がOKされている式場」が少数なため、まず探すところにひと手間があります。

都市部になるほど「式場の数」も増える傾向にありますので、探す際は地域を都市部に絞ることをおすすめします。また、もし見つからなかった場合には「在宅シッティング」が可能なペットシッターを呼んでおくと良いですよ。

アレルギーなどが起こらないよう参加者に事前報告が必要なこと

ペット同伴の結婚式における注意点2つ目は「アレルギーなどが起こらないよう参加者に事前報告が必要なこと 」です。当然ながら「動物アレルギー」という人も世の中にはいるため、参加者にそうした「アレルギー持ちの方がいないか」というのも考えなければなりません。

そのため「ペットが参加する旨の事前報告」が必須となります。何か起きた場合には主催者側の責任となるため、注意しましょう。

おすすめ散歩代行業者は「オリーブシッター」

オリーブシッターには「結婚式サポートプラン」というものがあり
・ペットの送迎
・結婚式場でのお世話
・リングドッグなどの演出プランサポート
を依頼できます。

また、式後は飼い主さんに代わって
・ペットをご自宅まで送迎する
・ご自宅でシッティング&ストレスケアを行う
といったことも可能です。

以上のプランは、オリーブシッターでも非常に人気のプランです。また、多頭飼いの方向けに「2名体制プラン」もあるため、安心して依頼できます。

オリーブシッターがおすすめな理由
オリーブシッターがおすすめな理由は
・シッター全員が動物関連の有資格者であること
・ペットシッター業界初の3冠を達成したこと
以上の2点です。順に解説していきます。

シッター全員が動物関連の有資格者であること

オリーブシッターではシッター全員の顔写真と資格、各人のひとことが載せられています。そのため、有資格者であることが素人目にもわかり、信頼を置きやすいです。

ペットシッター業界初の3冠を達成したこと

国内最大級のモニター調査機関である「ゼネラルリサーチ株式会社」のアンケート調査で
・ペットシッターお客様満足度
・信頼できるペットシッター
・獣医師がおすすめするペットシッター
以上3項目の「第1位」に選ばれました。これは業界初の3冠であり、オリーブシッターが良い
ペットシッター業者である証です。

まとめ

「結婚式でペットシッターを呼ぶメリットデメリット」についてはお分かりいただけたでしょうか。この記事が「ペットが参加できる結婚式づくり」のきっかけとなれば幸いです。業者に迷ったら「オリーブシッター」を利用してみてください。